パートでの転職回数が多い薬剤師

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師の成功体験談 >> パートでの転職回数が多い薬剤師

パートでの転職回数が多い薬剤師

薬剤師のお仕事には、正社員として働けるものもあれば、パートという雇用形態で働くお仕事もあります。パートだと、正社員のように福利厚生を受けることができませんし、ボーナスなども受け取る資格がないため、最初に契約した時給と労働時間をかけた金額がお給料となります。ライフスタイルやライフステージによってはパートで働くことが便利という薬剤師はとても多く、比較的転職しやすいという点も人気の理由と言えるでしょう。パートで働きながら転職回数が多い薬剤師の成功談をご紹介しましょう。

薬剤師のお仕事って正社員のお仕事がとても多いのですが、子どもが小さい時だとパートの方が断然便利です。私自身、妊娠して出産するまでは正社員として働いていましたけれど、子どもを保育所に預けながら働くことって本当に大変で、精神的にも体力的にも限界でした。しかも、小さな子供ってすぐに熱を出したりするので、早退の数も多く、パートとして働くことにしたのです。

パートで働く場合でも、調剤薬局などでは労働時間が短いだけで基本的な調剤業務は変わりませんし、ドラッグストアだとパート雇用の方が多かったりしますから、比較的働くところを見つけるのは大変ではありません。転職する場合でも、仕事によっては履歴書などに記載する必要がないものもありますしね。私自身、短期間のお仕事とか、週に2日ぐらいのお仕事などは、履歴書とか職務経歴書には記載していませんし、比較的長く務めたお仕事とか、自分のキャリアにプラスになったお仕事を中心に、職務経歴書などを作成するようにしています。それも、パートならではのメリットかなと思います。

パートで働いている薬剤師の場合、転職回数が多いことが不利になるというのは聞いたことがありません。私の周囲でもパート勤務している人は多いですし、パートだと採用されやすくて辞めやすいので、ライフステージに合わせて調整したり、お給料が高い所に移動する人も結構いたりしますよ。正社員だと、そう簡単に転職というわけにはいきませんけれど、パートだとできたりするので、仕事も大切だけれどプライベートはもっと大切という人にとってはパートという働き方は向いていると思います。

面接の時でも、これまで何回転職してきましたか、なんて質問をされたことはありません。たいていの場合、正社員ではなくパートですけれどよろしいですか、的な確認が多いですね。やっぱり最初はパートでも後から正社員になりたいという人が多いからなのかな。」

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.