派遣での転職回数が多い薬剤師

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師の成功体験談 >> 派遣での転職回数が多い薬剤師

派遣での転職回数が多い薬剤師

薬剤師の働き方の一つに、派遣という形があります。派遣で働く場合には、最初に勤務時間や勤務期間が決まっているので、短期間だけ働いてみたい人や、残業は無理という人にとっては比較的働きやすい雇用形態と言えます。派遣で働く場合、雇用主は派遣会社となりますが、転職して別の派遣会社を利用することで転職に不利になってしまうことはとても少ないようです。派遣という働き方で転職回数が多い薬剤師の成功談をご紹介しましょう。

「新卒の時には正社員として働いていたのですが、結婚してからは家事とか育児と両立させるために派遣という形に変えました。そしたら、その働き方がとっても快適になってしまい、今でも派遣で仕事をしています。派遣だと、最初に契約期間が決められているので、転職と言っても派遣先が変わった程度のインパクトしかありません。それに、派遣薬剤師だと即戦力として求められているので、これまでどの企業で働いてきたとか、どの調剤薬局で働いたか、なんてことは面接官もきっと気にしていない部分じゃないかと思いますよ。あくまでも即戦力になることが大切なので、履歴書よりも職務経歴書の方を重視しているような気がします。

派遣として働くことのメリットは、やはり派遣先によっていろいろな職場を経験できるということですね。私は、長期のお仕事も短期のお仕事も入れるようにしていて、仕事が入っていない時にはオフができたとプライベートを楽しむように心がけています。薬剤師のお仕事って、派遣だと比較的時給面で待遇されているので、目標レベルを高く設定しなければ、月曜日から金湯日までガッツリ働かなくても、それなりの収入になる点がとても気に入ってます。

派遣として働いていると、デメリットを感じることもあります。それは、将来の不安とかボーナスがないとか、そういう所かな。こういうことは、最初から分かっていたことですし、働き始めてから初めて知って後悔するようなものではないので、派遣という働き方を選ぶ時点で納得していれば、問題ないと思います。

派遣で働いてお仕事をずっともらうためには、やはり自分自身でスキルや経験、実力を意識してつけるということに尽きると思います。派遣で働いているから必ず即戦力というわけではないので、派遣会社と相談しながら、こんなスキルを付けたいとか、こんな経験をしたいという希望を伝えながら派遣先を紹介してもらうのが良いと思います。実力があれば、派遣でも引っ張りだこになったりするらしいので、キャリアアップもできると思います!」

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.