転職8回以上の薬剤師

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師の成功体験談 >> 転職8回以上の薬剤師

転職8回以上の薬剤師

転職が8回以上ある薬剤師は、仕事を探す際の面接では、かならず転職理由を聞かれることを理解し、事前に準備することが大切です。薬剤師はもともとキャリアアップのための転職をすることが多いため、回数が少しぐらい多くても不利になることは少ないのですが、その理由や背景によっては、不利になってしまうことはあります。面接において転職8回という履歴がマイナスにならずに自分にとってプラスになるようにするためには、面接対策が重要なカギとなります。転職8回以上の薬剤師の成功談をご紹介しましょう。

転職8回というと、まず最初に驚かれることが多いですね。同じ薬剤師仲間からも、そんなに多いと転職の時に不利にならないかってよく聞かれます。でも正直、僕は薬剤師としてのスキルアップのために転職をしてきたので、あまり不利になったと考えることはありません。不利になるかならないかは、転職の理由によると思いますよ。

僕はこれまで、病院内で調剤業務をしたこともあれば、チーム医療に携わったこともあります。調剤薬局は大手の所もありますし、専門的な診療科目の処方箋を取り扱う薬局もありました。少し変わったところだと、漢方薬局というのもありましたよ。僕の場合、いろいろな職場で仕事をすることで、以前の職場では学ぶことができない新しいことが学べるということが大好きなんです。それは、処方箋の内容だったり、職務内容だったり、労働環境とか、患者さんとの人間関係とか、必ずしもキャリアアップとかステップアップに直結するものばかりではありません。でも、いろいろな経験をさせてもらうことによって、薬剤師としての立ち位置を確認できますし、自分が社会のために何ができるのかということを、いつも考えていられます。そんな自分のスタンスがとても気に入っていて、やりたいことに挑戦しているうちに転職8回になってしまったわけですよね。

これまで働いた経験がある企業には、国内資本の所もあれば外資系の所もありましたけれど、転職回数について気にするのはやっぱり国内資本の企業が多いですね。外資系の所だと、転職回数については一切質問されないことも多いですし、どこで働いてきたかよりも、どんなスキルを持っているかという点に注目してくれます。そういう所だと、転職回数が多くて幅広い知識や経験を持っている人材の方が、採用される確率は高いような気がしますね。まあ、これは僕個人の意見なのですけれど。」

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.