転職5回以上の薬剤師

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師の成功体験談 >> 転職5回以上の薬剤師

転職5回以上の薬剤師

転職5回以上の薬剤師はいますが、その数はあまり多くありません。薬剤師のお仕事は、全国的に売り手市場となっていますし、国家資格を持っていなければ働きたくてもできない職種なので、転職回数が多くても採用される可能性は決して低くはありません。そのため、自分自身では転職回数が多いから不利になるかなと不安になっても、求人によっては採用されるため、その繰り返しで転職回数が多くなってしまうという薬剤師はいるようです。

転職5回以上の薬剤師の成功談をご紹介しましょう。

「私が最初に勤めたのは製薬会社だったのですが、仕事自体は楽しかったし、周りに薬剤師が多かったので、先輩たちからいろいろな知識を教わることができました。学生の頃の友人には調剤薬局に就職した人も多くて、調剤業務が忙しくて大変でストレスが溜まる仕事ということはいつも聞いていましたね。ずっと勤務するつもりだったのですが、結婚相手の転勤で仕事を辞めることになったのです。

新天地で就職したのは調剤薬局でした。でも、その雰囲気が肌に合わないというか、忙しさについていけないというか、とにかく毎日がストレスだったのです。もともと調剤経験がないので、いきなり経験者として即戦力になるなんて難しいのですよね。その後はあまり忙しくない調剤業務に転職したのと、夫の転勤に伴って別の土地でドラッグストアで働いたりしました。

転職回数が5回あると、面接の時には必ずその理由を聞かれますね。私の場合、職場が嫌で辞めたこともありますけれど、転職歴の半分ぐらいは主人の転勤に伴って仕方ない退職だったので、面接の時には「そうですか」で済みました。転職を何回か経験している薬剤師友達からは、面接でどんな事を聞かれるの?とか、退職理由は一つ一つ説明しなければいけないの?なんて聞かれることがありますけれど、それはケースバイケースかな、と思います。私の場合には、そこまで突っ込んだ質問はされたことがありませんけれどね。

転職回数が5回の私が現在思うことは、転職しても上向きの転職ならキャリアアップとして見てもらえるけれど、横ばいの転職だと自分自身、あまり前進していない気がします。私の場合、夫のお仕事が転勤が多いお仕事なので、そのたびに仕事を辞めなければいけないのは仕方ありませんけれど、これからその中でもキャリアアップ的な転職をしていきたいなと思います。そうすれば、転職が多くてももっと自分に自信が持てるかな、なんて思っています。」

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.