転職回数の多い40代薬剤師

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師の成功体験談 >> 40代薬剤師

転職回数の多い40代薬剤師

40代の薬剤師は、過去に1回〜2回の転職歴があっても、決してそれは多いというわけではないので、このぐらい転職歴があることによって不利になる心配はありません。しかし、1つの職場での勤続年数が少ないと、「長く働けない人」という印象を与えてしまいかねません。40代の薬剤師が転職を成功させるためには、転職が前向きでキャリアアップを目的としたものだということを面接官に理解してもらうことがとても大切となります。転職回数が多くても転職に成功した40代薬剤師の体験談をご紹介しましょう。

私は薬剤師になってからずっと資格を生かして働いていますが、転職回数はきっと他の人よりも多い方だと思います。もちろん、その中には自分自身で転職したいと思ってしたものもありますけれど、夫が銀行勤務をしているために転勤が頻繁にあるため、私はそれに伴って仕事を辞める、ということが多いですね。一つの所で落ち着いて働けたら良いなとは思いますけれど、その土地や地域によって新しい経験やスキルを身につけることができるので、何事も経験だと思っています。

私の転職先として多いのは、調剤薬局です。チェーン系だと比較的求人数が多いですし、数年ごとの店舗移動なんかはありますけれど、店舗数が多いと薬剤師のニーズが高いので、採用されやすいと思います。個人薬局だと離職率が低いので、今すぐに働きたいという人にはあまりお勧めじゃないかなと思いますね。私自身、これまで5回の転職を経験してきましたが、そのうち3つは調剤薬局です。

転職の回数が多くなることは夫と結婚した時から分かっていたことなので、それに対しての不平はありません。与えられた環境の中で、私が薬剤師として働くときにモットーにしていることは、転職する時には自分が新しく学べる環境を選びたいということです。調剤薬局でもどんな病院のそばにあるかによって調剤業務の内容とか分野が変わりますよね。私の場合、最初は総合病院のそばの調剤薬局で働いていましたが、その後は脳神経外科のそばで働いたり、皮膚科のそばで働いたり、専門性を変えることで常に新しい経験をしてスキルが身につくように工夫しました。

そのおかげで、現在でも転職面接に行っても、転職回数が不利になっているという感じはしませんね。もちろん、面接では回数の多さを指摘されますけれど、私がそれぞれの場所で学んだことを説明すると、納得してその場が和んでその後の話はとってもスムーズにいくことが多いですね。」

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.