転職3回以上の薬剤師

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師の成功体験談 >> 転職3回以上の薬剤師

転職3回以上の薬剤師

薬剤師の転職回数は、1回〜3回の転職をした人が全体の75%を占めているので、頻繁に3回の転職を繰り返したという人でなければ、転職歴の回数が不利になることは少ないようです。しかし、中にはヘッドハンティングによって数年ごとに何回も転職を繰り返しているという薬剤師もいますから、必ずしも転職すること自体がマイナスになってしまうというわけではありません。大切なのは、転職をした理由や背景です。ここで、転職3回以上の薬剤師の成功談をご紹介しましょう。

「僕は20代後半ですが、実はすでに転職歴3回です。仕事を変えてきた理由は、壮大なキャリアプランがあったとか、ステップアップのためだったというわけではなく、ほかの人と同じように、その職場ではずっと働けないなと感じたから、というのが正直な理由です。僕自身、だめだなと思ったらそこで踏ん張って頑張ってみるよりは、ほかの選択肢を模索したい性格なんですよね。だから、働いていた職場の雰囲気に自分が馴染めないなと思った時には、そこでなんとか溶け込もうと努力するよりも、もっと自分に合った職場を探したいという気持ちになり、すぐに転職先を探してきました。その結果、20代後半ですでに3回の転職歴になってしまいました。

学生時代の友人などは、転職歴が3回もあると、これ以上は転職しないほうがいいぞと忠告してくれるのですが、僕自身、転職してきたことで不利だと感じたことはあまりなく、むしろたくさんの職場を経験できたことは自分にとってプラスに作用していると感じています。新卒で就職した職場は、父のコネで大きな病院内の薬局だったのですが、職場の雰囲気が暗くて全く馴染めませんでした。次に働いたのは、大手薬局チェーンだったのですが、ここでは雰囲気は良かったのですけれど残業がすごくて、忙しいと深夜まで帰れないことも多かったんですよね。それでもう無理だと思いました。

その次に働いたのは中規模の調剤薬局だったのですが、ここでは忙しくないから患者さんとおしゃべりしたりして楽しかったですし、すぐ隣の病院が専門病院だったので、専門的な処方箋の調剤業務についての経験を積むことができました。現在働いているのは、製薬会社での仕事なのですが、この仕事はとっても気に入ってます。薬剤師の知識を生かしながら、調剤業務とは違う仕事ができるのも楽しいですしね。現在は、開発プロジェクトの一員として参加させてもらっていますけれど、薬剤師の数が多くて、あまり大きな責任のある職務はまだ任されていません。ここでしばらく修行を積んでから、今度はもう少し規模が小さな製薬会社に転勤したいな、なんて考えています。」

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.