転職回数の多い20代薬剤師

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師の成功体験談 >> 20代薬剤師

転職回数の多い20代薬剤師

薬剤師の中でも、20代後半から30代前半にかけては「転職を1回経験したことがある」という人の割合が最も高くなる年代です。20代前半だと、大学を卒業して調剤業務をはじめとする基本的な業務を覚える勉強期間ですから、この時期に何回も転職をするというのは、自分自身にとって不利になってしまう場合が多いのですが、20代後半の転職なら、多くの人が転職を考えたり実行する年代なので、転職したことが面接官の目に留まる心配はありません。ただし、転職理由によって成功するかどうかはケースバイケースですから、転職先を探す際には、できるだけ長く勤められる職場をあらかじめリサーチすることが大切です。ここで、20代薬剤師で転職回数が多い人の成功談をご紹介しましょう。

「私は薬剤師になったばかりの頃、こんな仕事をしてみたいとか、こんな職場で働いてみたいといった具体的な展望がなく、同級生たちの多くが就職したように調剤薬局への就職を決めました。職場の雰囲気は悪くはなく、比較的働きやすかったのですが、2年ぐらいすると調剤業務ばかりなのに飽きてしまったのと、もっと高待遇の職場で働きたいなと考えるようになりました。

そこで、結婚を機に自宅から通いやすい場所にあるドラッグストアに転職して給料もアップしたのですが、その職場では薬剤師というよりは店長みたいなポジションになっていて、在庫管理などもすべて私の仕事になって、正直ハードでした。給料は良かったのですが、なんとなく薬剤師の資格を生かせていないような気がして、また別の職場で働きたくなってしまったのです。そんな時、妊娠したので、出産を機に退職しました。

しばらく仕事をお休みしている時に、友達の話をきいたりネットでリサーチしているうちに、在宅薬剤師というお仕事をみつけまして、私にピッタリなのではないかと思ったのです。30歳ですでに2回の転職歴があったので、面接の時にいろいろ聞かれるのかなと思って不安でしたけれど、あまり意地悪な質問とか突っ込まれたりすることはなく、転職の理由をサラッと聞かれただけでした。

めでたく採用となり現在に至りますが、私みたいに20代で転職回数が多い人は、あまり競争率が激しくない分野とかお仕事を狙うと採用されやすくなると思います。キャリアアップ系の製薬会社みたいなところは、友人が転職したくて何回もトライしていますけれど、なかなか難しいみたいです。在宅薬剤師のお仕事は、責任は重いですけれど残業などはありませんし、薬剤師として働いていることを実感できるお仕事なので、とても気に入ってます。」

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.