調剤薬局の薬剤師求人

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師にオススメの求人 >> 調剤薬局

調剤薬局の薬剤師求人

多くの薬剤師が働いている調剤薬局は、勤務地や企業ごとに年収の差が大きかったり、忙しさが大きく異なるという特徴があります。転職回数が多い薬剤師でもそうでない人でも、調剤薬局への転職を考えたら、まずはしっかりと事前リサーチをして、自分が考えているような職場なのか、また年収面で満足できる職場なのかどうかを把握することが必要です。また、調剤薬局は全国にたくさんあり、病院のそばにも多くあります。そのため、どの病院のそばにあるかによって取り扱う処方箋の種類や診療科目も大きくばらつきがありますから、転職前にはそうした点も考えながら求人を絞り込んでいくと良いでしょう。

転職回数が多い薬剤師が調剤薬局への転職をする場合には、その転職が自分のキャリアにとってプラスになるかどうかを客観的に考えることをおすすめします。薬剤師のお仕事は、キャリアアップのために転職をする人が多いので、転職歴自体が問題になることは少ないですし、転職回数が多くてもそれが不利にならないケースはたくさんあります。しかし、ただ転職回数が多いだけで、その理由や背景がポジティブでなければ、転職回数が多いことが不利になってしまいます。そのため、これまでの転職回数が少し気になるな、不安だなという人は、調剤薬局への転職を考える場合にも、これまで自分がトライしたことがない診療科目の処方箋を多く取り扱う所にするとか、専門病院のそばにある薬局で、より専門的な知識を身につけるなど、自分のスキルやキャリアにプラスになる転職先を見つけるのがおススメです。

また、調剤薬局は年収にも大きな差がありますから、転職したことでお給料が下がってしまわないように気を付けることも必要です。ただし、調剤薬局でも専門性が高い処方箋を多く取り扱う所では、経験者を優遇することがあり、転職回数が多い薬剤師にとっては、新しい知識や経験を身につけるために待遇面で妥協しなければいけないことも出てくるかもしれません。その場合には、目先の損得で考えるのではなく、薬剤師のキャリアという長いスパンで転職先を見つめ、自分にとってプラスの経験ができると判断した所で働くようにしたいものですね。キャリアにとってプラスにできるのなら、待遇面がイマイチでもそれなりに我慢しやすいものです。そのほか、休日や残業時間などについても事前リサーチをしっかりと行い、後悔しない転職先を見つけるようにしましょう。ネットの情報を利用して、職場環境や雰囲気などの情報収集をする方法もおすすめです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.