製薬会社の薬剤師求人

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師にオススメの求人 >> 製薬会社

製薬会社の薬剤師求人

キャリアアップやスキルアップのために転職する人が多い薬剤師ですが、その中でも一般企業となる製薬会社においては、転職回数が多い事は不利になってしまう可能性があります。製薬会社には薬剤師以外にも一般の事務員や営業職など多くの人が働いていますし、人事担当者や面接担当者は、薬剤師という特殊な職業の傾向を知り尽くしているというわけではありません。そのため、調剤薬局やドラッグストア、病院内薬局への転職なら、転職回数がそれほど多いとは思われないような場合でも、製薬会社への転職となると「転職が3回もあるんですね」なんて質問されることがあります。

しかし、薬剤師に限らずどのお仕事にも共通することですが、転職回数が多いことが不利になってしまう原因なのではなく、転職した理由や背景によって不利になるかどうかが大きく変わってくる点は理解しておきましょう。薬剤師の中には、実力やスキルを高く評価されて製薬会社などの一般企業へ頻繁に転職している人もいますから、転職回数が多いから製薬会社へ転職するのは無理だということはありません。大切なのは、転職回数よりも、自分が持っているスキルや経験、実力であるという点をはっきりと理解した上で、転職活動に臨むようにしましょう。

製薬会社での面接において、転職回数が多い薬剤師は、どのように対応したら良いのでしょうか?まず最初に、面接に臨む前に、転職理由について必ず質問されることを想定し、転職理由などを考えて簡潔に説明できるよう準備しておきましょう。本音は職場の雰囲気や人間関係のトラブル等マイナスの原因で転職した場合でも、面接で本音を言うのはNGです。できるだけポジティブで自分にとってプラスのスキルを身につけるための転職、という印象を与えられるような言い方で説明できるようにしましょう。また、転職回数が多いと説明する時間も長くなってしまいますが、目安としては1社あたりの退職理由に費やす時間は10秒から20秒までとしましょう。話は短くまとめたほうが、面接担当者にとってもスーッと入ってきやすいものです。あまり説明が長くなると、プラスの言葉でもマイナスの印象を与えたり、退職理由が言い訳のように聞こえてしまったりするので注意しましょう。

製薬会社で働く薬剤師のお仕事は、人気が高い職種なので求職者が多くなります。激戦となるのでハードルが高くなりますから、もしも不採用になった場合でも落ち込んだりせずに次の転職先へアプローチできる気持ちの切り替えも大切です。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.