病院の薬剤師求人

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師にオススメの求人 >> 病院

病院の薬剤師求人

病院にはたくさんの薬剤師が働いていて、それぞれに役割分担がされています。経験が少ない薬剤師の場合には、一般的には院内薬局において調剤業務に携わることが多いのですが、経験を積めば医薬品の在庫管理に携わることができたり、さらには病棟において患者さんの服薬管理を行ったり、またチーム医療の一員として薬学のスペシャリストという立場から患者さんの治療に関わることもできます。

転職が多い薬剤師の中には、こうした病院でのキャリアアップを希望している人もいるでしょう。転職して病院勤務をする場合には、求人情報でどんなお仕事をする薬剤師が募集されているのかをしっかりとチェックすることが大切です。なぜなら、病院勤務をする薬剤師の中には、ずっとその病院内でのキャリアアップを希望している人が多いですし、病院側も新規に中途採用でキャリアアップポジションを採用するのではなく、内部で人選することが多くなっているためです。キャリアアップだと思って転職したのに、新人と同じ調剤業務しか任せてもらえないのでは、また転職したくなってしまうかもしれませんから、後から後悔しないようにあらかじめ事前リサーチを行ったほうが安心ですね。

病院勤務の薬剤師は、ほかの職場と比べるとお給料面はそれほど高くはなく、平均すると年収で400万円〜650万円程度となっています。院内薬局でも、大学病院や国立病院、私立病院は高年収な傾向にありますから、転職で年収アップも期待したい人なら、病院の種類を厳選するという方法もアリでしょう。

転職回数が多い薬剤師の場合、面接の時に過去の転職歴における転職理由や背景を質問される可能性があります。薬剤師はキャリアアップのために転職する人が多いので、回数が多いからといって不利になるというわけではありませんが、その理由や背景によっては不利になってしまう可能性があります。いきなり本番では、ポジティブな転職理由を端的に分かりやすく説明することは難しいですから、あらかじめ面接で転職理由が質問されることを想定した面接対策をしておきたいものです。

転職回数が多い薬剤師でも、病院へ転職することは可能です。たくさんの求職者の中から自分が採用されるためには、転職回数が多い自分だからこそ、ほかの人よりも幅広い経験や知識があり、高いスキルがあることを面接でしっかりと自己アピールすることが大切と言えるでしょう。ポジティブな言葉や表現方法を厳選して、面接対策をすることが成功のカギとなります。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.