ドラッグストアの薬剤師求人

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師にオススメの求人 >> ドラッグストア

ドラッグストアの薬剤師求人

ドラッグストアで働く薬剤師と言っても、そのショップによって職務内容は大きく異なります。ドラッグストア内に調剤薬局が設置されている所なら、お店を利用しているお客様が持参する処方箋に対して調剤を行うことが薬剤師の職務となりますが、調剤業務がないショップだと、医薬品の在庫管理や発注などの作業を行ったり、レジが忙しい時にはレジのお手伝いをするなど、薬剤師の職域を超えた店舗管理や店舗運営のお仕事に携わることもできます。また、ドラッグストアは調剤薬局や院内薬局でのお仕事と比べると、お給料面で優遇されているものが多く、経験が少ない人でも年収500万円を稼ぐことも可能です。そのため、年収アップのために転職を希望する人の中には、ドラッグストアへの転職を希望する人も多いですし、残業がほとんどないので育児や家庭と両立したい人にオススメの職場としても人気があります。

転職回数が多い薬剤師にとっては、ドラッグストアは比較的採用されやすい職場と言えます。これは、ドラッグストアは全国各地にあり、医薬品を取り扱っているために薬剤師のニーズが常にあるということや、薬剤師のキャリアという点では調剤業務を行なわないドラッグストアでのお仕事はメインから少し外れた職場となっているためです。しかし、転職回数が多い事に不安を持っている人にとっては、そうした条件はむしろ好都合で、不利にならずに好条件で働ける転職先を見つけることもできます。

転職回数が多い薬剤師がドラッグストアへ転職する時に気を付けたい点は、自分自身のそれまでのスキルや経験、キャリアを客観的に見つめ、ドラッグストアで働くことによって自分自身のスキルや経験にどんなプラスの項目が追加できるのかをよく考えることが大切です。ドラッグストアの中には、薬剤師に店長を兼任させている所が多いので、薬剤師として働きながら店長として店舗運営や店舗経営に深くかかわることも可能です。管理能力やスキルを身につけることができれば、その後の転職にもプラスに生かせるのではないでしょうか。

また、最近ではドラッグストアのチェーン内で薬剤師がキャリアアップできるシステムが増えていて、管理職的な立場で働くことも可能になっています。そのためにはまずは薬剤師としての知識に加えて店舗管理の経験も必要ですから、ドラッグストアで働いた後には、そうしたキャリアアップの選択肢を模索してみるのも良いかもしれません。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.