転職回数が多い薬剤師の成功するポイント

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師ガイド >> 転職回数が多い薬剤師の成功するポイント

転職回数が多い薬剤師の成功するポイント

転職回数が多いと、次の転職先を見つける時に不利になってしまうのではないかと不安に感じる薬剤師はたくさんいます。薬剤師というお仕事は、全国どこでも売り手市場となっているので、転職歴が多くても比較的採用されやすく、不安を抱えている人でも転職先を見つけることは可能ですが、待遇が良くてたくさんの人が応募するような人気のお仕事になると、やはり他人よりも転職回数が多いことが不利になってしまう場合はあるかもしれません。

回数が多いけれど転職を成功させたい場合には、まず面接で転職について説明できる準備をしておくことをおすすめします。薬剤師の転職では、回数が多いことが問題になるというより、転職の理由や背景が気になる人事担当が圧倒的に多くなります。回数が多くても、キャリアアップやステップアップ、前向きな理由による転職の場合には、それほどマイナスの印象を与えませんし、「やる気があってチャレンジすることを恐れない人」とプラスのイメージを持ってもらえるかもしれません。面接の際に人事担当が気になる部分はそれぞれの転職における理由や背景、目的なので、はっきりとした理由や目的を説明することで、そうした疑問点をクリアすることができます。薬剤師の中には、スキルや能力、実力を評価されてヘッドハンティングで何回も転職を繰り返しながらキャリアアップをしている人もいます。転職することによって薬剤師としてのスキルにプラスになるかどうか、実際になったのかどうか、という点を短い面接時間内に端的にまとめて説明できるような準備をしたいものですね。

また、短期間のうちに何回も転職したという過去があっても、直近の職場における勤続年数が長ければ、遠い昔の転職歴はあまり問題視されないことが多いものです。例えば、現在40代後半でスキルも実力も経験も豊富な薬剤師がキャリアアップのための転職先を探しているとしましょう。20代の頃に短期間で3回も転職をした経歴があったとしても、現在の職場での勤続年数が10年あったとすれば、人事担当にとっては過去の転職歴はあまり問題視しないことが多いようです。ただし、20代からずっと2、3年のスパンで転職を繰り返して現在に至ったという人の場合には、その回数や一つの職場における勤続年数の短さによって不利になってしまう可能性は大です。まずは現在の職場で勤続年数を長くすることを優先して仕事をしたほうが良いかもしれません。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.