短期間で転職回数の多い薬剤師はどうしたらいい?

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師ガイド >> 短期間で転職回数の多い薬剤師はどうしたらいい?

短期間で転職回数の多い薬剤師はどうしたらいい?

一般企業で働く人にとっては、短期間で転職回数が多い事は、転職の際にはとても不利になってしまいます。優秀な人材だとみてもらえても、転職歴が多いと「この人を雇っても、もしかしたらすぐに辞めてしまうかもしれない」と企業は考えるため、なかなか採用には結び付かなくなってしまうことが多いものです。しかし薬剤師の場合には、短期間で転職回数が多い場合でも、それほど気にする必要はありません。それは、薬剤師のお仕事は全国的に売り手市場だからなのです。

薬剤師のお仕事は、誰でも希望すればできるというわけではなく、国家資格を持っていなければ働くことができません。そのため、常にニーズが高いお仕事ですし、一般事務などの仕事と比べると待遇はかなり優遇されています。短期間で転職回数が多い人でも、面接の際に特に大きな問題がなければ採用されることは多いため、仕事を見つけること自体はそれほど難しくはないお仕事と言えるかもしれませんね。

これまでの転職回数が多いと自覚している人は、現在のお仕事を出来るだけ長く続けることから始めましょう。キャリアアップやステップアップのための転職なら、回数が多くてもあまり問題視されることはありませんけれど、短期間のうちに何回も転職をしている人の多くは、職場の人間関係やストレスなどマイナスの理由で転職することが多いため、雇用する側にとっても不安材料となってしまいます。それに、履歴書や職務経歴書を採用担当者が見れば、一つ一つの転職理由がプラスのものだったのか、そうでなかったのかを予測することもできます。過去の転職歴を消すことはできませんが、これからの転職歴は自分自身でコントロールできますから、まずは現在の職場でグッと踏ん張って長く勤めてみてはいかがでしょうか?チェーン系調剤薬局などは、転職しなくても社内でキャリアアップする選択肢がありますし、ドラッグストアで働いている人でも管理職としての仕事を覚えることができますし、別の店舗へ移動したり本社へ転勤してキャリアアップすることも可能です。履歴書に「転職」と記載されずにスキルアップやキャリアアップできる方法を模索することも、賢い方法と言えるでしょう。

また、短期間で転職回数は多いけれど、現在も転職先を探しているという場合には、面接の際には転職歴の回数について質問されることを想定し、きちんとした背景や理由を説明できる準備をしておくと安心です。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.