転職回数が多い薬剤師の退職理由

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師ガイド >> 転職回数が多い薬剤師の退職理由

転転職回数が多い薬剤師の退職理由

薬剤師のお仕事に限らず、どんなお仕事でも転職する際には理由があるものです。その理由には、キャリアアップをしたいとか、ハイレベルな職務をこなしたい、など前向きな理由もありますし、人間関係のトラブルやストレス、労働環境や労働時間に対する不満が理由となることもあるでしょう。転職の本当の理由は、必ずしもプラスのものとは限りませんが、それを正直に面接で言ってしまうのはNGなので気を付けましょう。

転職回数が1回しかない薬剤師でも、前職の退職理由を尋ねられてマイナスの理由を答えてしまうと、面接官には「同じ環境になったら、また辞めるのですか?」なんて突っ込まれたり意地悪な切り返しをされてしまいますし、印象も良くありません。ましてや、転職回数が多い薬剤師がこんな答え方をしてしまうと、それまで良い印象を持ってくれていた面接官でも、「すぐに辞めそうだな」なんて思われてしまって採用につながりにくくなってしまいます。

転職回数が多い薬剤師の場合には、退職理由は特に気を付けて、できるだけプラスで前向きの理由でなければいけません。例えば、家庭との両立、育児との両立ならマイナスの印象を与えないので退職理由としては問題ありません。また、調剤業務以外の仕事にも挑戦してみたかったとか、専門分野における調剤業務を多く経験したかった、なんていう退職理由はスキルアップやキャリアアップのための転職と取ってもらえるので、面接官に対してはプラスとなります。

全国的に薬剤師の求人はたくさんありますから、転職回数が多い人でも、あまり不利になることなく採用されるケースはとても多いものです。しかし、高待遇で人気がある職場や働き方ができるお仕事だったりすると、たくさんの薬剤師が殺到するので激戦となり、転職回数が多い人だと、その理由次第では不採用になってしまう可能性が高くなります。回数が多い人ほど、その理由は前向きでポジティブ、キャリアやステップアップのための転職であることをアピールしたほうが良いのです。

転職回数が多い人の中には、必ずしも理由がポジティブではなかったという人もいるでしょう。もちろん、人間誰でも嫌な職場で働いている時に、転職という脱出方法があれば検討しない人はいませんし、現在よりも良い待遇で働けたり自宅から近いなどプラスな要素があれば、すぐに飛びついてしまうかもしれません。転職理由では、そうしたプラスの理由をピックアップすることが大切です。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.