転職回数が多い薬剤師の志望動機

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師ガイド >> 転職回数が多い薬剤師の志望動機

転転職回数が多い薬剤師の志望動機

転職歴の回数に関わらず、また薬剤師というお仕事でなくても、転職先へ応募する際には、その志望動機はプラスのものでなければいけません。もしも現在の職場の雰囲気が最悪で、その上給料も安くて残業が多く、皆が逃げるように転職していくような職場だったとしても、志望動機に「今の職場よりもマシ」とか「現在よりも条件が良いので」なんて記入するのはNGです。志望動機は、現在の職場と比較してどうなのか、ということを書くものではなく、なぜその職場で働きたいと思っているのか、前向きでポジティブな動機や理由を記入するものなのです。

それではどのような志望動機がプラスになるのでしょうか。転職回数が多い薬剤師にとっては、「今まで自分が経験したことがないスキルや経験ができる職場」と面接官に印象付けることができるような志望動機を記入したいものです。例えば、「薬剤師の資格を生かして薬品の開発に携わりたい」とか「調剤業務に加えて管理職としてのスキルも身につけたい」など、転職先に対する自分の意気込みややる気などをアピールできれば良いですね。

薬剤師の志望動機は、面接前に先ず履歴書に記入し、それを提出します。面接官は志望動機がかかれている履歴書や職務経歴書に目を通して書類選考を行った上で、面接を行うかどうかを決めるわけですが、面接の時に自分をアピールしようと考えていても、書類選考に通らなければ面接を受けることができなくなるわけですから、まずは履歴書の中でしっかりと志望動機を記入し、自分をアピールすることが大切です。履歴書の志望動機を記入する欄は、それほどひどくないため、長文はNGです。端的に書きたいことをまとめて記入し、書き足りない部分は面接の際にアピールするつもりでいると良いでしょう。

実際に面接を受ける際には、すでに履歴書に志望動機がかかれていますが、質問では「なぜ当社を選ばれたのですか?」なんて質問を受けることがあります。「前職よりも給料がよい」とか「残業が少ない」なんていう本心は胸のうちにしまっておき、面接では前向きでポジティブ、そしてやる気やモチベーションがアップしそうな雰囲気で、自分をアピールすることになります。「より専門的な知識や経験を身につけたい」とか「調剤業務以外の仕事にも挑戦したい」など、自分を採用することによって自分にとっても企業側にとってもプラスになると面接官に思わせることができれば、かなり採用に近づけるでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.