転職回数が多い薬剤師の面接対策

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師ガイド >> 転職回数が多い薬剤師の面接対策

転職回数が多い薬剤師の面接対策

転職回数が多い薬剤師は、そうでない人よりもしっかり面接対策を練ることが必要です。薬剤師の場合には、職場によって与えられる職務が大きく異なるため、スキルアップやキャリアアップを目的として転職する人は少なくありません。薬剤師全体の75%は1回〜3回の転職を経験したことがあるという統計もありますし、中には実力やスキルを評価されてヘッドハンティング式に何回も転職している優秀な人もいたりします。しかし、どんな目的で転職をした場合でも、転職回数が多いということは面接官の目には留まるわけですし、それに対する質問を受けることはあらかじめ想定しておいた方が良いでしょう。

まず、過去の退職理由については、前向きでポジティブな転職だったことを説明できるように準備しておきましょう。薬剤師転職の中には、残業が多すぎて辛かったとか、人間関係のトラブルなど、必ずしも転職理由がプラスではなかった人もいるでしょう。それでも、言葉の表現方法によって、相手が受け取る印象は大きく変わってきます。例えば、残業が多すぎて辛くて転職した人なら、それをそのまま正直に面接で答えてしまうと。「それなら、また忙しくなったら辞めるのですか?」なんて思われてしまいますよね。しかし、「一人一人の患者さんと向き合って人間関係を築けるような職場で働きたいと思ったから」といえば、その転職理由はとても前向きでポジティブなものだと受け取ってもらえます。面接対策としては、できるだけネガティブな表現や言葉は使わずに、できるだけポジティブな言葉の選択、態度、表情で臨むことが採用につながりやすくなります。

ここで注意したいのは、転職理由を聞かれた時にダラダラと説明せずに、端的に簡潔に説明することがとても大切です。ダラダラと説明すると、自分としては分かりやすく説明しているつもりでも、面接官にとっては言い訳がましく聞こえてしまいます。1社あたりの転職理由にかける時間は20秒から30秒程度に抑えるようにして、転職したことでステップアップやキャリアアップができた、と印象付けられるようにしましょう。話す時の表情や表現方法によっては、転職することがとても良い事だと面接官に思わせることも可能です。もともと話術に長けている人なら、それほど時間をかけなくても完璧に近い状態で面接対策ができるかもしれません。しかし、そうでない場合にはぶっつけ本番では難しいですから、あらかじめ事前にしっかりと面接対策したいものです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.