薬剤師の転職回数は何回まで?

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師ガイド >> 薬剤師の転職回数は何回まで?

薬剤師の転職回数は何回まで?

薬剤師のお仕事は、全国どこにでもたくさんの求人募集を見つけることができるため、転職先の選択肢としては一般事務などのお仕事と比べると比較的充実しています。そのため、現在よりもキャリアアップできるお仕事への転職をしたり、現在よりも高待遇のお仕事へ転職するなど、転職しやすい環境にあると言えます。しかし、転職回数がおおくなってしまうと仕事探しにおいては不利になるのではないかと転職したいお仕事を見つけても思いとどまってしまったり、気づいた時には転職経験回数が多くなってしまい、怖くてもう転職できないと不安になる人はたくさんいます。

職業によって転職してもOKな回数が何回までと決まっているわけではないため、薬剤師だから何回までの転職がOKということはありません。回数よりはどんな目的で転職したかの方が重要になり、転職の回数が多くなっても、その内容に意味や目的がはっきりしたものなら、問題になることや転職の際に不利になることは少なくなります。例えば、薬剤師の資格を取得したばかりの新卒就職の際には、メイン業務となる調剤業務をしっかり覚えるために調剤薬局へ就職し、その後、キャリアアップしたい分野での調剤業務を集中的に行える調剤薬局へ転職したり、薬品メーカーや治験施設への転職のようなキャリアアップ的な転職をする場合でも、「ココに転職した理由はコレです」と明確に説明できるような場合には、転職の回数自体はあまり気にする必要はないようです。

しかし、転職理由がマイナスの場合には、回数には気を付けたほうが良いでしょう。例えば、人間関係が苦痛で転職したとか、忙しすぎて残業が多い事がストレスで転職したなどの場合には、回数が多すぎることによって面接官に「この人はもしかしたらすぐに辞めてしまうかもしれない」と不信感を与えかねません。

薬剤師のお仕事は、全国どこでも売り手市場となっているため、転職回数が少し多くても企業側はニーズがあるために雇用することが多く、そのため、不利になることなく転職できてしまう、というケースが多いようです。しかし、もしも面接の際に「転職が結構あるのですね」なんて質問された場合には、きちんと自分自身のキャリアプランと、転職理由を理論づけて説明できるように準備しておくと良いでしょう。意味のある、目的のある前向きな転職なら、マイナス評価になることはなく、企業側も「この人はやる気がある人なんだな」と評価してくれることが多いようです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.