転職3回以上でも採用されやすい薬剤師の人物像

転職回数が多い薬剤師TOP >> 転職回数が多い薬剤師ガイド >> 転職3回以上でも採用されやすい薬剤師の人物像

転職3回以上でも採用されやすい薬剤師の人物像

薬剤師の転職では、過去に何回転職したのかが評価されるわけではありません。過去に何回転職した人でも、採用後には企業にとって貢献できる人材として、長く勤めてくれれば採用する側としては過去の転職歴はそれほど気にならないものです。しかし、その人を採用したらどんな風に働いてくれるのか、と将来を見通したり予測することは面接官といえど難しい事です。そのために、過去の転職歴を元に「この人はこんな働き方をする人だ」という傾向と対策を推し量ることになるのです。

転職回数が3回というと、とても多いという印象を受ける人は多いでしょう。しかし、その理由次第では、転職回数が3回以上でも面接官にプラスの印象を与えることは可能です。それが、面接時の表情や態度、そして職務履歴書に後押しされるスキルや実力、経験なのです。雇用する企業側にとっては、採用した人が長く働いてくれるかどうかをチェックしたいわけですし、職場の雰囲気を明るくモチベーションアップさせてくれそうな人の方が、採用に結び付きやすくなることは言うまでもありません。転職歴が多くても採用されやすい人物像には、企業側が「採用したくなる雰囲気」を持っている人が多いようです。

実力やスキル、経験などももちろん大切です。薬剤師の中には、対人スキルに自信がない人もいますし、対人スキルがイマイチだからと言って、薬剤師としての実力もイマイチというわけではありませんよね。薬剤師としての実力に長けている人なら、過去に3回以上の転職歴があっても、スキルを買われて採用されやすくなります。薬剤師の中には、ヘッドハンティング形式で何回も転職を繰り返している人がいますが、これは、実力や経験、スキルが高く評価されての転職と言えるでしょう。

それでは、転職回数が多くなると不利になってしまうのはどんな人なのでしょうか。まず、薬剤師としてのスキルや経験、実力が伴っていないのに転職の回数ばかりが多い人があげられます。転職をしてもハイレベルな実力をつけていない人だと、面接官に「仕事が嫌で辞めたのかな」なんて思われてしまうことがあります。また、表情が暗い人もNGです。言葉では、ポジティブで前向きな転職理由を挙げているのに、表情が暗くて言葉と表情が一致しない場合には、面接官に不信感を与えてしまいかねません。話をする時には、面接官の目をきちんと見て、自信を持って自分をアピールしたいものです。職務経歴書に不足している部分を面接で補うぐらいの意気込みで臨みたいですね。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 薬剤師の転職回数まとめ All Rights Reserved.